米国WDJの推奨フード選定基準

さて、アメリカで最も権威のあると言われているペットの専門雑誌「Whole Dog Journal's」が発表した推奨フードの選定基準です。

高品質の動物性タンパク質を多く含んだものが望ましい
 ・材料表示の最初の方に1〜2種類の動物タンパク質が書かれているものを選ぶ
 ・副産物や、家畜副産物(鳥類の副産物)を含むフードを認めない
 ・脂肪、タンパクなどの表記で材料由来が不明確なもの(動物性脂肪など)は認めない

オーガニックな原料を使用している商品は好ましい
 ・オーガニックであっても穀物や野菜が材料表記の上位に並ぶものは低品質かも

人工の余分なものを原材料に含むものは認めない
 ・人工の着色料・香味料・保存料
を原材料に含むものは認めない
 ・甘味料が加えられているものは認めない

この基準は実に明快です。
特に副産物と人工の着色料・香味料・保存料、甘味料を認めない点は重要です。
甘味料は食いつきをよくするために利用されます。他に匂いのついた油・香料・過剰な塩も利用されます。
ご自身でフードを選択・判断される場合は、この基準に照らしてくださいね。ご自身で味見されるのが一番です。私は必ずしますよ。(笑)


日本の原材料名表示の法制化

愛犬ふぅはドライフードをあまり食べません。やむなく手づくり食を与えています。
ただ、ふぅもたまに獣医さんやトリマーさんからいただいたドライフードのサンプルをあげたりします。

ペットフードの原材料名表示が2009年6月から義務化されました。この機会に市販フードのことを調べてみました。

ペットフードの原材料名って前から表示されてるよね?

今までも多くのペットフードには原材料名表示や栄養素などが表示されていました。
これはペットフード公正取引協議会という業界団体が、不当景品類及び不当表示防止法に基づいて業界の自主ルールを定めていたのだそうです。
協議会に加入している業者が扱う取扱量は9割以上、逆にいうと1割ほどは自主ルールが適用されません。
また、会員といえども違反しても罰則はありませんでした。

つまり、以前は法的にはまったくなんの規制もなく、罰則もありませんでした。
ペットフード公正取引協議会に属さないメーカーや販売会社は、表示をしなくてもよいし、虚偽の記載をしてもペナルティはなかったのです。

ペットフードの原材料名表示が今ごろ義務化されるのはなぜ?

第169回国会 環境委員会 第11号(平成20年6月6日(金曜日))という速記録を見つけました。

ここで『愛玩動物用飼料の安全性の確保に関する法律案』が検討されています。
おもしろいので、議事録を全部、読みました 鴨下前環境大臣も出席していましたよ。

さて、こんな法律が制定されるきっかけは、やはりアメリカでメラミンの混入したペットフードでたくさんの犬や猫が死亡したことだそうです。

それから、本来なら飼料安全法は農林水産省の担当でしたが、今回は動物愛護の法律は環境省の担当だということで、両省が共同で取り組んでいます ご苦労さまです。

ペットフードの何が規制されるの?

★表示すべき内容
・フードの名称
・事業者名と所在地
・原産国名
・すべての原材料名
・賞味期限

★残留値や使用上限値について
・かび毒
・農薬
・重金属
・有害微生物
・使用に注意が必要な添加物の残留値や使用上限値

違反したときの罰則は?

違反すると製造禁止処分を受け、1年以下の懲役または100万円以下の罰金となります。
法人の場合は最高1億円の罰金が科されます。

施行時期は?

08年6月に成立したペットフード安全法に基づく措置で、09年6月から施行されています。

もう安心なの?

少なくとも原材料名表示や消費期限表示が義務化され、違反すれば罰則があるという法律がやっと制定されることは大いなる一歩ですよね。

ただ、日本ではいまだペットは器物であり、毒物を混入させても刑事上は器物損壊でしかないのです。
これで、ペットフードは安全・安心が実現できるのでしょうか?
人間用の食品ですら産地偽装・事故米の食用転用偽装・材料表示の欺瞞が渦巻く中で、所詮ペットのこと、本当に企業がこの法律を遵守するかどうか、またそれをチェックする機能が両省にあるのかどうか…

で、材料表示されたらちゃんと判断できますか?

下の写真はSOLVIXX(ソルビダ)のドッグフードの原材料表示です。
ちゃんと理解できますか? できないと表示があっても意味ないということになりますね。

読めないですよね、下記の通りです。

オーガニックチキン/チキンミール/オーガニックオーツ/オーガニック大麦/オーガニック玄米/天然フレーバー/オーガニックフラックスシード/鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存)/炭酸カルシウム/オーガニックひまわり油/塩化カリウム/ビール酵母/トマト繊維/塩/ミネラル(亜鉛、鉄、銅、コバルト、マンガン、セレン)/塩化コリン/オーガニックえんどう豆/オーガニックにんじん/オーガニックブロッコリー/ブルーベリー/オーガニックアルファルファ/オーガニックひまわりの種/オーガニックかぼちゃの種/プロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、麹菌、損状菌、枯草菌)/ビタミン(ビタミンA酢酸塩、ビタミンD3補助食品、ビタミンE補助食品、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB1硝酸塩、ビタミンB6, ビタミンB2、葉酸、ビオチン、ビタミンB12補助食品)/グルコサミン塩酸塩/チコリー抽出物/タウリン/増粘安定剤(レシチン)/セージ/酸化防止剤(アスコルビン酸(ビタミンC)、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)/コンドロイチンサルフェート/ニンニク、ユッカシジゲラ抽出物/ヨウ素酸カルシウム

なんのこっちゃ?
でも、これでこのフードが何を主原料とし、どんな意図で製造されているか、安全性なんかもある程度、分かるのですよ。
オーガニックチキンとチキンミールが主要なたんぱく源で最も量が多く、穀類もオーガニックが多いですね。脂肪も鶏脂肪と由来が明かされています。
化学的な保存料・合成着色料・甘味料などは使用されていないようです。
なかなかいいフードだと読めます。

ソルビダは生産地の米国でメーカのサイトが見当たらず、販売実績が確認できません。ほかの名前で販売されているのかもしれませんが、どうも日本向け製品のようです。
食いつきもよく、テンにも一時期与えましたが、フードローテーション入りは見合わせています。

記 事


ナビゲータ

名前:Fhu(ふぅ)
性別:女の子
犬種:トイプードル
毛色:シルバー
誕生日:06年11月14日
体重:2.4s


サイトMENU

Copyright (C) 2009 プレミアム ドッグフード おすすめはこれだ! All Rights Reserved.